脇毛が濃くてびっしり生えていると、脇が群れやすいので常在菌が繁殖しやすい環境になります。この常在菌がアポクリン腺から分泌される汗に含まれている皮脂を分解することで、脇が特有の癖のある臭いが発生する原因となるのです。

アポクリン腺が発達し始めるのは思春期以降ですから、多感な時期に体臭が強くなるので余計に気になってしまいますよね。脇脱毛とわきがの関係ですが、脇毛が薄くなることで蒸れにくくなることでにおいがいくらか軽くなるという効果はあるようです。とはいっても、あくまで常在菌が繁殖しにくくなるだけでアポクリン腺はそのままです。

脱毛でわきがを解消したいなら、ニードル脱毛で脇毛を永久脱毛すると一定の効果があることがわかっています。針を使って一つずつ毛穴に電流を通して毛根を破壊していく過程で、毛根周辺のエリアを電気凝固することができるのですが、その過程でアポクリン腺も破壊されることがわかっています。

わきがの原因となるアポクリン腺のすべてにダメージを与えるわけではなく、あくまでも一部に限ったことですが、それでも光を照射する方法と比べるとわきが治療に一定以上の効果は期待できます。実際のわきが治療でも、ニードル脱毛の電気凝固作用を取り入れた方法が導入されていますから、医療の現場でも有効だと認められているというわけなんですね。メスで脇を切開しなくてもいいので、手術はしたくない人はこの方法を選択することがあります。